ネット上で絶対に女の子と知り合うための裏技~〇〇系の女子を狙え~

まずは自己紹介

初めまして、オフパコ師KENJIです。

オフパコとはなんでしょうか? と問われるならば

ズバリ

「ネット上で知り合った女性とHすること」

です。

ネットで知り合った女性は200人以上。その約半分と仲良くなり、Hするまでに至っています。

(ちなみに、私、KENJIの場合は、リアルでのナンパの経験はほとんどなく、ネット専門です)

出会える人と出会えない人の違いとは

出会い系サイト等を使ってもほとんど出会えない人がいます。

実は私もその一人でした。

他の人と同じことをしていてはなかなか出会えません。

出会うためのポイントは以下になります。

  • 女性獲得の倍率の低いフィールドで活動する → フィールドの厳選
  • フィールドの中で目立つ、女性から声をかける敷居を下げる → 出会いスキルの向上

本記事では、今まで女性に出会えなかった人でも、簡単に多くの女性と知り合う裏技を伝授していきます。

私の手法を徹底的にさらけ出します、大サービスです。

フィールドの厳選①:初心者は〇〇系の女子を狙え

あなたが

「ネット等を通じて女子をゲットしたことがない」

または

「そもそも女性経験がない(童貞)」

のいずれかであれば

比較的女性をゲットしやすい、フィールドがあります。

ずばり、〇〇系の女子を狙うことがおすすめです。

ズバリ〇〇系とは・・・・・・創作系です。

創作系とは何か? 例えば、絵(CG)や小説、ボイス、歌、等

自分の作品を自分のサイトに掲載して活動している人たちのことです。

まあ、言ってみればややオタク気味の女性ということになりますね。

ちなみに、人気のYOUTUBERやネット声優、カリスマ絵師は対象外です。

ほとんど、客足もなく、ひっそりとしたサイトで地味に活動している女子が狙い目です。

彼女たちに話しかける場合、かならず、彼女たちの作品に関心があることを示してください。

彼女たちは自分の作品に意見をくれるファンを望んでいます。

本心からそう思わなくても

「彼女の小説には人生に新たな視点を見出す深さがある、ような気がする」

「彼女の絵には宇宙を感じさせる何かがある、ような気がする」

など、とにかく作品を素晴らしいものだと自分を洗脳してから話しかけてください。

こういったマイナー創作女子に作品に興味を持って話しかけると

これまで出会い系で全く相手にされなかったのがアホみたいに返事が返ってきます。

ここからはあなたの腕の見せ所。

彼女たちと仲良くなって、貴方自身に興味を持ってもらい、実際に会えるように努力していきましょう。

創作系女子と仲良くなる作戦のデメリットを幾つか上げておきます。

■創作系女子は中高生が多い

いや、俺にとってはメリットだけどな! みたいな人、メールだけならともかく、犯罪に繋がりかねないので、非推奨です。

相手はそもそも出会いを望んでいないケースがある。(彼氏持ち、既婚者など)

こればっかりは仕方がありません。次を探しましょう。

■出会い系サイトで知り合う女子に比べて地味目の女子が多い。

そもそもオタクとは、学生時代に男遊びを覚えた派手目な女子とは対照のグループに発生しやすいです。

ですので、ややオシャレに疎かったり、男性に慣れていない子が多いです。

経験人数も少ないことが多く、Hまで持ち込むのも苦労するかもしれませんね。

これはデメリットと捉える人もいますが、ある意味、メリットでもあります。

素晴らしい原石に出会ったら、貴方色に染めてあげてください。

おススメサイト:

pixiv, Twitterなど

Twitterの場合は上手くタグで絞り込んでみてください。

例えば、ボイス系の活動をされている女の子たちはなどのタグで見つかりますよ。

#フリー声優 #CV募集 #ボイスサンプル #ボイスコ

フィールドの厳選②:出会い系サイトは大手の有料サイトを使う

出会い系サイトはインターネット初期の頃から人気があり、激しい競争が続いています。

各社様々な工夫や宣伝を繰り返し、今は有数の会社だけが生き残っているような状況です。

昔のように無料の掲示板で出会うというのはかなり難しくなりました。

もう少しわかりやすく説明しましょう。

もし、仮に出会い系ユーザが男と女の比率が同じであれば、上記のような現象は起きないかもしれません。

しかし、出会い系利用ユーザのほとんどが男性という事実があります。

男女のペアを作るのが出会い系サイトの目的であることを考えると

如何に女性ユーザを取り込むかが出会える出会い系サイトを作る肝になってきます。

女性ユーザを沢山取り込むにはどうしたらよいか?

女性ユーザが目に付くインターネットのありとあらゆる場所に広告を貼り、システムにもお金をかけて女性が喜ぶものにします。

こういったことを無料サイトが実現するのがどれだけ難しいかは想像に難くないでしょう。

もちろん、無料系で出会うことは不可能ではないですが

それに費やす時間や労力でバイトをして、お金を稼いで有料サイトで出会ってしまった方が遥かに早いと思います。

(どうしても、無料で出会いたい方は、先に挙げた創作系女子のように出会系から少し外したラインから攻めるのがお勧めです)

有料サイトを使うからと言って不安になる必要はありません。

私は最短、最小金額(あわよくば無料枠内で)で出会える裏技を伝授します。

出会いスキルの向上:掲示板機能を使う

大手出会い系サイト・ハッピーメールを例に説明していきます。

出会い系サイトで女の子と知り合う方法としては大きく2つの方法があります。

・相手の募集に対してメールを出す

・自分が募集して、相手からのメールを待つ

すばり、私は後者の方法を推奨します。

理由は後で詳しく説明します。

では、募集文はどういったものにすれば良いのでしょうか?

以下に裏技を記述していきます。

①正直に書きすぎない

貴方が芸能人・俳優並みに魅力的であれば、出会い系サイトなんて必要としていないですよね?

あなたは、女の子から見てどの程度魅力的なのでしょう?

そんなことを考えながら、書いていると、自分のマイナスポイントも書いてしまいがち。

「背が低いんですけど、それでも良ければ・・・」

「経験0ですけど・・・」

こういったことは書く必要はありません。

むしろ、これくらいで記述してください。

「初めて会ったときびっくりさせる自信ありますよ。何故かはまだ教えません」

「めちゃくちゃ気持ちよくしてみせます。経験したことないのをお見舞いしますよ」

自信たっぷりに書いちゃってください。

後で怒られるのでは? と思いますよね?

でも、最初のきっかけ作りはこんなものでいいんです。

後でメール交換するようになれば

「あんなこと書いてたけど実は童貞でw」

「なにそれーw ありえないーw」

と笑い話になってしまいます。

②女の子を楽しませたり・喜ばせたりする仕掛けを入れること

自分の自慢話ではなく、相手にとってどうメリットがあるのかを記述しましょう。

コツとしては

(僕は)〇〇〇です。〇〇〇が得意です。

という風に自分を主語にして書いていくよりも

(僕と知り合えばあなたは)〇〇〇ができます。〇〇〇も楽しめます。

といったように相手を主語にして書いていくように、意識すると独りよがりにならないと思います。

そして、何よりも未来につなげる内容にすること。

貴方と知り合うことで、楽しい未来がありそうな文章にしてください。

敢えてすべてを明かさず、思わせぶりに伏せておくのも有効でしょう。

③相手からメールを出しやすい工夫をする。

「僕のことを見て、少しでも知り合いたいと思った方はメッセージください」

最後の文章を上記のように締めくくったとしましょう。

例え、募集文を見て、この人悪くないなーと思ったとしても、女性が見知らぬ貴方宛てにメッセージを書くのは結構ハードルが高いものです。

このハードルを下げてやるのが最後の工夫です。

募集文の最期にこんな風に書いてあげてください。

「僕のことを見て、少しでも知り合いたいと思った方は「おったまげー」と書いて、僕宛にメッセージ送信してください」

このように敢えて、相手の最初の行動を指定してあげることで、相手は最初のアクションを悩む必要がなくなります。

これでもらえるメッセージが一気に増えます。

例文のようにクスリと笑えるようなおふざけを入れるのもいいでしょう。

実はこの作戦にはもう一つ効果があります。

それは、女性を装う業者からのメールとの判別に使えます。

「おったまげー」の記載が一切なく、長文の自己紹介メールのようなものが来たら業者の可能性が高いです。

最初の1メール目でその判別がついてしまうのは、有料サイトを使う上でかなりのコスト節約に繋がります。

実際に試してみてこれらの効果がどれほどのものか試してみると良いでしょう。

自分から募集することのメリット

自分から募集するときのメリットは多いです。

  1. 相手の女性に合わせて書く必要がない
  2. 自分の募集文の評価が明確にわかる
  3. ハッピーメールだと初回募集はタダ、他のサイトでも上手い募集文を書けば割安になることが多い
  4. 募集文を見てくれている女性はそもそも出会いに対して前向き(アクティブユーザ)

特に1.と2.のメリットは大きいです。

これを組み合わせて考えると貴方が試行錯誤して作った投稿文は次に使いまわせます。

しかも、沢山の反応が得られたものと得られなかったものが明確に分かるのですから

何度も繰り返すうちに女性に受ける募集文というのが身についてきます。

これこそ貴方が出会いのスキルを身につけるということです。

まずはやってみることが大事

このブログを見て、自分でもやれるかも、と思った人はとにかく

思いが熱いうちに1回目の募集をかけてしまうことです。

僕も最初は出会えませんでした。

そんなダメダメな僕が変わったのはある一人の女性とたまたま出会ったことが切欠でした。

本当に最高の出会いで、また、あの楽しい時間を過ごしたいと躍起になって繰り返しました。

自分なりにコツをつかんで、上達すると、女性と出会うのが以前に比べて遥かに簡単になっていました。

沢山の女性とメールのやりとりができるようになると、今度はこちらが厳選する権利を持てるようになります。

そうすると出会いの質もどんどん向上していきます。

本記事で紹介したハッピーメールは以下から登録可能です。

ハッピーメール

ハッピーメール

本ブログでは読者の皆様のオフパコレポートや出会いのノウハウ等を募集しています。

その他、お気軽にメッセージください。